株やFXの初心者・入門ガイド

株・Fx・仮想通貨を中心に情報を発信するトレード入門サイト

PBRとPERとは?

LINEで送る
Pocket

株,株式,投資,PBR,PER

どの企業の株を購入すれば良いのか判断する材料として、PBRと呼ばれている指標について覚えておく必要があります。

このPBRとは、企業の現在の資産状況から考えて、今の株価が高いか安いかを判断するときにとても役に立つもの。

このPBRに似た言葉でPERというものもありますが、この二つの指標が示しているものは、全く別の意味合いになるため、勘違いしないよう注意が必要ですね。

さて、このPBRは、企業が会社の運営を開始するにあたって、株主さんたちから集めたお金……いわゆる資本金と、事業を行うことで発生した利益の中から作る貯蓄などを合わせた、その会社の<資産>から、会社としての<負債・借金>を差し引いた、純資産の倍率を示すものです。

計算式にすると、株価÷1株あたりの純資産=PBRとなり、この数値が1倍以下の場合は、その企業の株は、現在の株価以上の価値があると判断することが出来ます。

逆に1倍以上の場合は、1株当たりの純資産が、現在の株価を下回ることを示しているため、現在の株価は割高であると判断することが出来るわけです。

このPBRを利用して頻繁に行われているのが、企業買収ではないでしょうか。

これは極端な例ですが、例えば架空商事という企業が、1株100万円の株、100株で成り立っている企業だったとします。

つまり1億円を支払って、100株すべてを買い取ってしまえば、この架空商事という企業を丸ごと買収できるという意味。

PBRの数値が1倍以下の場合、1株100万円で買うことができるこの株の実際の価値が、120万円であったり、150万円であったりと、100万円より多いですよ~ということを示しているため、1000万円で企業を買収した後、その会社を解散させるだけで、差額分がまるごと利益として手に入るというカラクリです。

そのため多くの資産家さん、投資家さん、大手企業さまたちは、このPBRの数値にいつも目を光らせています。

それなら、企業買収には興味がない、一般の株主の方たちにとっては、このPBRは全く無関係か?と言うと、決してそうではなく。

例えば企業側が何かしらの不祥事を起こし、株価が暴落した場合、その企業の株が一番安く、最もお買い得に購入できる値を知ることが出来ます。

確かに株価が暴落したまま、後々倒産してしまう企業もありますが、多くの場合、株価は企業のその後の態度や対応によって、再び徐々に回復するもの。

株を一番安い時に買って、高くなったら売る!これこそまさに、株式投資の真髄と言えるのではないでしょうか。気になる株を発見したら、まずはPBRを確認する。

これは初心者の方の場合でも、ベテランの投資家の方でも、基本は同じはずです。

(参照→株とFXとの違いって何なの?

PERって何だろう?

株,株式,投資,PBR,PER

ではPBRと間違えやすい、PERとは一体何なのでしょうか?例えばこれから株を購入しようと考えている時に、気になる二つの企業を発見したとします。

A社の株価は1000円。B社の株価は2000円だとすると、どう見てもA社の株の方が、安くてお得であるように思ってしまいますよね。

しかし株の価値と言うものは、株価の価格で決まるのではなく、企業の資産や利益から割り出される数値に比べ、現在の株価がどれくらいお得であるかを計算することによって判断するのが基本。

決して、自分のお財布事情から見た金額の差異で、その株がお得かどうかを判断するものではないのです。

PERとは、資産から株価の価値が安いか高いかを考えるPBRと違って、企業が実際に得ている利益額から、お得率を計算する指標のこと。

例えばA社の1株当たりの純利益が50円であった場合、1000÷50=20……つまり、純利益の20倍の価格で株が買えると言うこと。

一方、B社の1株当たりの純利益が200円であった場合、2000÷200=10……つまり、純利益の10倍の価格で株が買えると言うこと。

株価そのものを比べると、断然、2000円の株よりも1000円の株の方が安く見えますが、実際には、純利益の10倍で購入できる、2000円の株の方が、価値としては安くてお得であると言うことが分かるのです。

PERを計算する式は、株価÷1株あたりの純利益なので、この2つの情報さえあれば割り出すことが出来ます。

株価も、1株あたりの純利益も、ヤフーファイナンスなどのサイトで無料で確認することができるので、是非活用してみてください。

勿論、実際に株取引している証券会社の管理画面でも確認することができますよ!

PERには基準値というものが存在していて、およそ15~20倍程度が普通であるようですが、この数値は業種によって異なるものなので、実際に割り出したPERの値が基準値におさまっていない場合でも、慌てないでくださいね!

また、初心者の方の場合、PBRを見ましょうとか、PERを計算しましょうと言うと、それだけを見て判断する人が多いですが、あくまでも多くの情報を集めた上で、総合的な判断をしていきましょう。

また、企業の状況と言うものは絶えず移り変わるものです。商売をしているのですから、景気が良い時もあれば、悪い時もあります。

だからこそタイミングが一番大事!株を買うタイミング、株を売るタイミングをしっかり覚えてください。

【関連記事】
株の初心者・入門ガイド
株にかかる税金ってどうなっているの?
FXと株の違いってどんなところ?
リートとは?REITで不動産投資に挑戦しよう
ETFとは?


 おすすめFx会社
 関連コンテンツ

公開日:
最終更新日:2015/05/16